Logicool G913 TKL レビュー:PC2台使いにオススメしたいワイヤレスゲーミングキーボードです。

Logicool G913 TKL

どうもジジローです^^

今回はLogicoolのメカニカルキーボード G913 TKLをレビューしていきます。

こんな人にオススメ!

質感高いキーボードが欲しい
ワイヤレスがイイ!
PC2台使いです

本記事ではスペックや打鍵感、実際に使って感じた部分などについてレビューしていきます。

目次

Logicool G913 TKLについて

Logicool G913 TKL イメージ

G913 TKLはLogicoolから発売されている、テンキーレスタイプのワイヤレスゲーミングキーボードです。

特徴

・ハイエンド機種G913のテンキーレスモデル
・有線より早い超高速ワイヤレス「LIGHTSPEED」
・薄型キースイッチ採用のロープロファイルキーボード
・3タイプから選べるキースイッチ
・複数デバイス接続をワンボタンで切り替え

一般的なメカニカルキーボードと比べて、厚みが半分程しかない薄型キーボードです。

キースイッチはクリッキー・タクタイル・リニアの3種類から選べます。

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開ですが、ホワイトはタクタイルのみなので購入時は注意しましょう。

LIGHTSPEEDワイヤレスとBluetooth接続に対応しているので、同時に2台のデバイスに接続が可能です。

スペック

製品名G913 TKL
ブランドLogicool G
キーボードサイズテンキーレス
キースイッチコンパクトGLスイッチ
接続・LIGHTSPEED ワイヤレス
・Bluetooth
・USB2.0(有線)
バッテリー駆動時間40時間(輝度100%)
本体寸法368×150×22㎜
重量810g(ケーブル除く)
ケーブル長1.8m
保証2年間
価格※27,600円

※2022年8月20日現在のAmazonでの出品価格、キースイッチによって若干の価格差があります。(表示はリニアの価格)

Logicool G913 TKL 付属品&外観

パッケージ

Logicool G913 TKL パッケージ
Logicool G913 TKL 開封時

付属品一覧

Logicool G913 TKL 付属品

・G913 TKL 本体
・Micro-USBケーブル
・LIGHTSPEED USBレシーバー
・延長アダプター
・ロゴステッカー
・取扱説明書/保証書類

外観

G913 TKL 本体

Logicool G913 TKL 本体外観
Logicool G913 TKL キーキャップ 印字
Logicool G913 TKL 質感

本体表面はアルミフレームになっていて、質感が高く高級感がヤバいです。

ゲーミング感が抑えられていて、好み。

Logicool G913 TKL 本体 左側面
本体左側面
Logicool G913 TKL 本体 右側面
本体右側面
Logicool G913 TKL 本体サイズ比較 高さ
Razer Blackwidow Lite(右)と比較

本体の薄さが特徴のG913ですが、他のキーボードと並べてみると薄さが際立ちます。

実測で約22㎜。

キーそれぞれに角度が付いた「ステップスカルプチャー構造」ではなく、キーがすべて水平に配置されています。

Logicool G913 TKL 本体上部 左側 切替ボタン類
上部左側
Logicool G913 TKL 本体上部 中央 バッテリー:Caps Lockランプ
上部中央
Logicool G913 TKL 本体上部 右側 メディアコントロールボタン
上部右側
Logicool G913 TKL 本体サイズ比較 奥行き

テンキーレスサイズですが、メディアコントロールキー類がキーボード上部に配置されているので、通常のテンキーレスより若干大きいですね。

Logicool G913 TKL 本体上部 右側 音量調整ホイール

本体右上に配置されたクルクルはPC音量を調整出来ます。

Logicool G913 TKL 本体 底面
Logicool G913 TKL スタンド 収納時
Logicool G913 TKL スタンド2
Logicool G913 TKL スタンド1

本体底面に配置されたスタンドは3段階で調節可能。

Logicool G913 TKL USBレシーバー 収納前
Logicool G913 TKL USBレシーバー 収納時

底面中央部分にはレシーバーを収納するスペースもあり、持ち運びには便利です。

キースイッチ

Logicool G913 TKL GLリニア キースイッチ

キースイッチはタクタイル・リニア・クリッキーの3種類から選択可能です。

それぞれの簡単な特徴は以下の通り。

キースイッチGLタクタイルGLリニアGLクリッキー
フィードバックタイプ確かなフィードバックスムーズな動作心地よいクリック音
アクチュエーション
ポイント
1.5㎜1.5㎜1.5㎜
キーストローク2.7㎜2.7㎜2.7㎜
平均押下圧50gf50gf50gf
タクタイル圧60gf60gf

前述の通りホワイトモデルはタクタイルのみなので、購入時注意して下さい。

USBケーブル

Logicool G913 TKL USBケーブル

充電ケーブルはMicro-USBで、充電中は有線キーボードとして使用可能。

ケーブル長は約1.8m

ワイヤレスレシーバー・延長アダプター

Logicool G913 TKL USBレシーバー&延長アダプター
左が延長アダプター、右がレシーバー

レシーバーはPC本体に接続しますが、キーボードとの距離が遠い場合は延長アダプターを併用出来ます。

延長アダプターとUSBケーブルを接続して、より近くにレシーバーを設置しましょう。

電源ON

Logicool G913 TKL 電源スイッチ

本体右上に電源ボタンがあり、ONにするとバックライトが点灯します。

Logicool G913 TKL ライトアップ

Logicool G913 TKL ソフトウェアで出来る事

専用ソフトウェアの「G HUB」を使用する事で、ライティングやマクロなどのカスタマイズが可能です。

まずは公式サイトからダウンロード↓

G HUB

LIGHTSYNC

Logicool G913 TKL G HUB LIGHTSYNCタブ

ライトエフェクトの変更や輝度の調整が可能です。

以下の3つのモードから選択し、ライティングカスタマイズしていきます。

プリセット

あらかじめ用意されたライティングパターンから選択するモードです。

・オフ
・サイクル
・色の波
・フェードインとフェードアウト
・リップル
・エコープレス
・画面サンプラー
・オーディオビジュアライザー

それぞれ光る速さや輝度などの調整も可能です。

フリースタイル

「WASDだけ赤色にする」など、キーを指定してカスタマイズするモードです。

アニメーション

ライトの点滅やウェーブなどのアニメーションを選択するモードです。

・CONTRASTIC
・LIGHTNING
・OCEAN WAVE
・RED WHITE AND BLUE
・VERTICOOL

好みの光り方がない場合は自分で作成する事も可能。

沼にハマれる事間違いなし。

割り当て

Logicool G913 TKL G HUB 割り当てタブ

「F1」~「F12」までの12個のキーに、機能を割り当てる事が出来ます。

コピー(Ctrl+C)やペースト(Ctrl+V)といったコマンドをはじめ、マクロなども割り当て可能です。

ゲームモード

Logicool G913 TKL G HUB Gゲームモードタブ

ゲームモード中に無効にするキーを設定できます。

Winキーはデフォルトで無効になっていますが、その他にもあればここで設定しましょう。

ゲームモードはキーボード左上のゲームモードボタンで切り替えます。

Logicool G913 TKL 使ってみる

参考までにタイピングしている動画を載せておきます。

ジジロー

動画準備中です。少々お待ちください。

打鍵音については、そこそこ静かですね。

キーストロークが浅い分、他のゲーミングキーボードとは違った打鍵感なので、好みが分かれそうです。

全てのキーが水平に配置されている事もあり、初めは少し違和感を感じると思います。

ゲームで使う場合はキーに角度が付いている方が良さそうですが、すぐ慣れます。

WindowsとMac両方で使用してみて、当たり前ですが目立った遅延はありません。

背の低いキーボードなので、パームレストなしでも手首に負担が掛からないですね。

気に入った所

実際にG913 TKLを使ってみて、良かったポイントです。

デバイス切り替えが超絶便利

Logicool G913 TKL 本体上部 左側 切替ボタン類

LIGHTSPEED(無線)でWindowsPCと、BluetoothでMacと接続していますが、二つの切替はワンボタンで可能です。

それぞれの切替ボタンを押してからキー入力を受け付けるまでの時間は、Bluetoothが2秒程度に対して、LIGHTSPEEDに至ってはコンマ数秒(体感)程度。

デバイス切り替えてすぐ使えてストレスフリー。

PC2台使いでもキーボードを一つに出来るので、めちゃくちゃ便利です。

バッテリー持ちが良い

Logicool G913 TKL 充電ケーブル 接続イメージ

ワイヤレスの弱点といえばバッテリーの持ち

LEDをONにした状態だとバッテリー駆動は約40時間です。

LEDはOFFを含めた5段階で調節可能で、OFFにすると約1,100時間に伸びます。

毎日24時間使って(そんなに使えない)、1か月半持つ計算です。

充電を気にせず使えるのは嬉しいですね。

ただ実際に全消灯してしまうとキーが見えにくくなるので、調節しながらタイピング時に困らない程度に光らせましょう。

ついクルクルしたくなる

Logicool G913 TKL 本体上部 右側 音量調整ホイール

本体右上に配置された音量調整ホイールも便利

いちいちWindowsのタスクバーをクリックしなくてよいので、動画視聴時は用もないのにクルクルしちゃってます。

Logicool G913 TKL まとめ

Logicool G913 TKL イメージ
良い所

・本体の質感が高い
・パームレスト不要
・ワンボタン切り替えが便利すぎる
・バッテリー持ちが良い(ライトOFF時)
・音量調整ホイールが便利

気になる所

・初めは違和感を感じるかも?
・ホワイトモデルはタクタイルのみ
・価格が高い

3万円近いキーボードを買うのは初めてですが、値段の分しっかり機能してくれてます。

何と言ってもワンボタン切り替えが便利すぎて、ずっとコレ使ってますね。

PC2台使ってるなら、キーボード一つ減らせるのでオススメです。

今回の記事はここまでとなります。
最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

Logicool G913 TKL

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

管理人

目次
閉じる