PC関連

リフレッシュレートって何?fpsとの違いやメリットを解説します。

2020/08/27

リフレッシュレート

どうもジジローです(^^)/

ゲームをする人であれば一度は聞いた事がある言葉。

リフレッシュレート

・リフレッシュレートって何?
・リフレッシュレート高いと何がいいの?
・fpsとは違うの?

といった方向けに、リフレッシュレートについて解説していきたいと思います。

関連記事
I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC252STB レビュー
I-O DATA【GigaCrysta EX-LDGC252STB レビュー】PS4にオススメな2019年新モデルのゲーミングモニター!
関連記事
ASUS VG259Q
ASUS【VG259Q レビュー】3万円台で買える144hz・IPSゲーミングモニター!

リフレッシュレートって何?

そもそも「リフレッシュレート」って何なの?という方の為に、簡単に説明します。

リフレッシュレートとは、「モニターが1秒間に、画面を書き換える(更新する)回数」の事を指していて、モニターの性能を表しています。

リフレッシュレート

単位は「Hz(ヘルツ)」で表示され、この数値が高い程、映像が滑らかに見えます。

一般的なTVモニターのリフレッシュレートは60Hzですが、PCゲームや競技シーンで使用されるゲーミングモニターは144Hzや240Hz駆動が採用されています。

60Hzであれば60回、144Hzであれば144回、240Hzであれば240回、1秒間にモニターを書き換えている事になります。

リフレッシュレートの説明で、例えとしてよく使われるのがパラパラ漫画。

パラパラ漫画はページ数が多い方が「滑らかなアニメーションとして楽しむ事が出来ますが、これはモニターに映し出される映像にも同じ事が言えます。

画面が書き換えられる回数(ページ数)が多い方が「滑らか」に見えるんです。

高リフレッシュレートのメリット

リフレッシュレートが高いと何が良いのか?

先ず参考までに下記の動画をご覧ください。(1分程の動画です)

60Hz→144Hz→240Hzとリフレッシュレートが高くなるにつれて、映像が滑らかになっていくのが一目瞭然だと思います。

FPSゲームをやる方であればお分かりかと思いますが、「カクカク」動く標的よりも「滑らか」に動く標的の方が、エイムは断然合わせやすくなります。

追いエイムをする場合は、尚更その違いが顕著に現れます。

動きの激しいFPSゲームや格闘ゲームをする際は、標的がモニターにしっかり描写され、「はっきりと視認出来る」事がかなりのアドバンテージになります。

これが高リフレッシュレートのメリットです。

また目が疲れにくくなる為、「眼精疲労対策」としても有効です。

fpsとは違うの?

I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC252STB リコイルコントロールリフレッシュレートと混同しがちな物としては「fps」があります。

そうそう、銃口の先っちょだけが見えているゲームの事・・・ではありません。

正式名称は「Frame per second(フレーム パー セカンド)」。

リフレッシュレートと同じような意味合いで使われる事が多いですが、こちらは「ゲーム機やPC側が1秒間に映像を出力する回数」の事を表しています。

リフレッシュレートがモニターの性能を表しているのに対して、「fps」は「出力する側(PC,PS4等)の機器の性能」を表しています。

60fpsであれば60回、144fpsであれば144回、1秒間に映像を出力しています。

ゲーム機やゲームタイトルによって、fpsの上限が設定されている場合もあります。

リフレッシュレートとfpsの関係

リフレッシュレートとfpsはとても密接に関係しています。

それはなぜか?

例えば、リフレッシュレート144Hzのモニターを使用していても、ゲーム機やPCが60fpsでしか映像を出力出来なければ、60Hzの映像と変わらなくなります。

反対に、ゲーム機やPCが144fpsで映像を出力出来たとしても、モニターのリフレッシュレートが60Hzだと、こちらも60Hzの映像しか表示されません。

それぞれの数値を揃える事で、オーバースペックを防ぎ、性能を最大限に生かせるようになります。

リフレッシュレートの落とし穴

ゲームプレイここまで「リフレッシュレート」、「fpsとの違い」を説明しましたが、気を付けるべきポイントを2つほど紹介します。

相応の高スペックPCが必要

違いの部分でも述べましたが、いくらリフレッシュレートが高いモニターを使用していてもPC側が高いfpsを維持出来なければ、意味がありません。

「ネットが見れればいいや!」と購入した低価格なPCだと、そもそもゲームすら出来ない可能性が高いです。

高いリフレッシュレートの「ヌルヌルな映像」でゲームがしたい場合は、それ相応な高スペックPC(最低でも10万円~のゲーミングPC)が必要になる事も、併せて覚えておいてください。

CS機は気にしなくても良い

CS機(PS4・Nintendo Switch等)に関しては、上限が60fpsに設定されている為、高いリフレッシュレートのモニターを購入しても、オーバースペックになってしまいます。

CS機用にモニターを購入するのであれば、多くの場合「PS4向け」等の記載があるので、そういったモニターの購入をオススメします。

おすすめモニター紹介

参考までにいくつかモニターを紹介したいと思います。

CS機向けモニター

特徴

・リフレッシュレート:75Hz
・パネルタイプ:TN
・解像度:フルHD
・画面サイズ:24.5インチ
・応答速度:0.6ms
・端子:DisplayPort x 1、HDMI x 2

I-Oデータから発売されているCS機向けゲーミングモニターです。

内部フレーム遅延を約0.02フレームに抑え、リフレッシュレートで違いが出ないCS機においては、操作と表示のズレを低減する事でアドバンテージを得られます。

関連記事
I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC252STB レビュー
I-O DATA【GigaCrysta EX-LDGC252STB レビュー】PS4にオススメな2019年新モデルのゲーミングモニター!

144Hzモニター

特徴

・リフレッシュレート:144Hz
・パネルタイプ:IPS
・解像度:フルHD
・画面サイズ:24.5インチ
・応答速度:1ms
・端子:DisplayPort x 1、HDMI x 2

ASUSから発売されているPC向けモニターです。

発色の良いIPSパネルを採用している他、視認性をさらに向上する「ELMB」等の機能を搭載したモデルになります。

関連記事
ASUS VG259Q
ASUS【VG259Q レビュー】3万円台で買える144hz・IPSゲーミングモニター!

240Hzモニター

特徴

・リフレッシュレート:240Hz
・パネルタイプ:TN
・解像度:フルHD
・画面サイズ:24.5インチ
・応答速度:1ms
・端子:DisplayPort x 1、HDMI x 2、DVI x 1

公式大会でも使用されているBenQのゲーミングモニターです。

残像感を低減する「DyAc」機能をはじめ、没入感を高める「アイシールド」やヘッドフォンフックといった便利な機能も満載です。

価格は高めですが、競技シーンを見据えているのであれば一考の価値アリ

リフレッシュレートの探究者向け

特徴

・リフレッシュレート:280Hz
・パネルタイプ:IPS
・解像度:フルHD
・画面サイズ:27インチ
・応答速度:1ms
・端子:DisplayPort x 1、HDMI x 2

こちらもASUSから発売されているモニターで、リフレッシュレートは驚異の280Hzです。

高リフレッシュレートを追求したい!という方向けになります。

PCのスペックもそれなりの物を用意する必要がある為、予算に余裕がある方はいかがでしょうか?

まとめ

という事で、今回は「リフレッシュレート」について解説してみました。

ココがポイント

・リフレッシュレートは「1秒間に画面を書き換える回数」の事
・単位は「Hz(ヘルツ)
・リフレッシュレートが高い程映像が「滑らか
・「fps」とは違うが密接な関係がある
・対戦ゲームでは高リフレッシュレートが有利
・高リフレッシュレート維持には高スペックPCも必要
・CS機はさほど気にしなくてよい

FPSや格闘ゲーム等、動きの激しいゲームをするのであれば「リフレッシュレート」を気にして見ると、キルレが上がるかもしれません。

それでは記事は以上になります。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(__)m

関連記事
I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC252STB レビュー
I-O DATA【GigaCrysta EX-LDGC252STB レビュー】PS4にオススメな2019年新モデルのゲーミングモニター!
関連記事
ASUS VG259Q
ASUS【VG259Q レビュー】3万円台で買える144hz・IPSゲーミングモニター!

-PC関連
-, ,