【Logicool G PRO X SUPERLIGHT レビュー】プロゲーマーからも支持される史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス!

LogicoolG PRO X SUPERLIGHT

どうもジジローです^^

プロゲーマーにも愛用者の多い、ロジクール Gのワイヤレスゲーミングマウス「PRO WIRELESS

その大人気ワイヤレスマウスにさらなる改良を加え、かつ最軽量を実現した後継機を購入しました。

Logicool G PRO X SUPERLIGHT

こんな人にオススメ

・とにかく軽いマウスが欲しい!

本記事にて、スペックや実際に使った感触などをレビューしていきたいと思います。

\ ぼたんだよ /

目次

Logicool G PRO X SUPERLIGHTについて

Logicool G PRO X SUPERLIGHT ロゴ

「PRO X SUPERLIGHT」は、2020年12月22日にロジクールから発売されたワイヤレスゲーミングマウスです。

特徴

・ロジクールG史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス
・HERO 25Kセンサー搭載
・LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー
・70時間連続プレイ可能
・POWERPLAY無線充電対応

ワイヤレスとは思えない軽さで、プロゲーマーにも人気の「PRO WIRELESS」から約25%軽量化を図った後継機で、ロジクール史上最軽量となっています。

本体重量は驚異の63g未満(公称値)。

ロジクールが”有線より早い”と謳う「LIGHTSPEED」、独自開発センサーである「HERO 25Kセンサー」を搭載しています。

しかし本体軽量化の為、「PRO WIRELESS」に搭載されていた右サイドボタン、DPI変更ボタン、RGBライトといった機能は撤廃されているので、「PRO WIRELESS」からの移行を考えている方は注意が必要です。

バッテリー持続時間については、ライティング機能が撤廃された為か70時間にアップしています。また、「POWERPLAY無線充電」にも対応しているので、充電のストレスから解放されたい方は、少々値は張りますがPOWERPALYゲーミングマウスパッドの購入を検討してみて下さい。

カラーバリエーションはブラック・ホワイトの2色展開されていて、今回レビューするのはホワイトなります。

スペック

製品名PRO X SUPERLIGHT
形状左右対称
本体重量<63g
センサーHERO 25K
解像度100~25,600DPI
最大加速度40G
最大速度400IPS
レポートレート1000 Hz (1ms)
接続方式2.4GHzワイヤレス
ボタン数5個
バッテリー最大70時間
ソールゼロ添加物PTFEフィート
価格16,200円

※2021年7月4日現在Amazonでの価格

PRO WIRELESSとの違い

PRO WIRELESSとの主な違いは以下の通り。

製品名PRO X SUPERLIGHTPRO WIRELESS
重量<63g80g
ボタン数5個8個
バッテリー最大70時間最大60時間
RGBライト非対応対応(ロゴ部分)
グリップテープ付属付属無し

「PRO X SUPERLIGHT」の発売に合わせて、旧モデルである「PRO WIRELESS」は値下げされているので、自分の好みや用途に併せて購入すると良いでしょう。

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 開封&外観

パッケージ

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 外箱

付属品一覧

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 付属品一覧

①PRO X SUPERLIGHT 本体
②充電/データケーブル
③LIGHTSPEED ワイヤレスレシーバー
④レシーバー延長アダプター
⑤PTFEフィート付きレシーバーカバー
⑥グリップテープ
⑦ワイピングクロス(グリップテープ準備用)
⑧ステッカー・取説・保証書類

外観

PRO X SUPERLIGHT本体

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 外観

今回はホワイトモデルを購入したんですが、手持ちのデバイスはブラック系統のモノが多かったので、お洒落でひと際目立ちます。

上面

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 上面

本体の形状は左右対称なので癖がなく、どんな持ち方でも安定したグリップ感で操作が出来そうです。

右サイドのボタンが廃止された為、右利き専用マウスになっています。

左サイド

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 左サイド

左サイドにはボタンが2個配置されていて、専用ソフトウェア「G HUB」でキー割り当てのカスタマイズが可能です。

右サイド

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 右サイド

右サイドには「SUPERLIGHT」というロゴが印字されています。

底面

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 底面

底面の上部にかなり大きめなソールと、中央部のセンサー・下部のレシーバーカバーを囲う様に円形のソールが配置されています。

ソールが張り付けられた交換用レシーバーカバーをつける事で、より滑りが良くなります。

Logicool G PRO X SUPERLIGHT レシーバーカバー 交換前
Logicool G PRO X SUPERLIGHT レシーバーカバー 交換後

使い勝手の部分ですが、底面に配置されていた「DPI変更ボタン」が廃止されている為、DPIを変更する場合は専用ソフトウェアである「G HUB」から設定する必要があります。
「ゲーム以外はDPIを高めで・・・」という使い方をしている方からすると、少々面倒に感じるかもしれません。

センサー

Logicool G PRO X SUPERLIGHT センサー

センサーは「HERO 25K」を搭載。

充電端子

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 前面 充電端子

充電端子はMicroUSBになっていて、充電中は有線マウスとして使用が可能です。

ここについては、「USB Type-Cが良かった・・・。」という声が聞こえてきそうですね。

グリップテープ

Logicool G PRO X SUPERLIGHT グリップテープ

「PRO X SUPERLIGHT」にはグリップテープが付属していて、グリップ感を調節出来る様になっています。

重量

Logicool G PRO X SUPERLIGHT 実測重量

実測値は61gでした。

Logicool G PRO X SUPERLIGHT ソフトウェア

「PRO X SUPERLIGHT」は、専用のソフトウェア「G HUB」でキー割り当て、DPIの変更が可能です。

トップ画面

Logicool G HUB トップ画面

トップ画面で「PRO X SUPERLIGHT」を選択すると、カスタマイズ画面が開きます。

感度(DPI)

Logicool G HUB 感度(DPI)タブ

DPIは100~25,600の間で変更可能です。

前述の通りDPI変更ボタンは廃止されていますが、5個あるボタンの内一つにDPI変更を割り当てて使用する事は可能です。
(やる方はほぼいないと思いますが念のため)

割り当て

Logicool G HUB 割り当てタブ
割り当てられる機能

・コマンド
・キー
・アクション
・マクロ
・システム

Logicool G HUB 設定タブ

右上の「歯車マーク」をクリックすると、充電残量やファームウェアバージョン等の確認が出来ます。

Logicool G PRO X SUPERLIGHTのセンサー性能

「PRO X SUPERLIGHT」に搭載されている「HERO 25K」のスペックは以下。

最大DPI:25,600
最大認識速度:400IPS

フリーソフトの「MouseTester」を使って、「PRO X SUPERLIGHT」のセンサー性能を計測してみます。

計測結果

400DPI

Logicool G PRO X SUPERLIGHT センサー感度テスト 400DPI

800DPI

Logicool G PRO X SUPERLIGHT センサー感度テスト 800DPI

1600DPI

Logicool G PRO X SUPERLIGHT センサー感度テスト 1600DPI

※青い点が綺麗に線上に揃っていればいるほどセンサーは高性能になります。

全く心配していませんが、センサー性能は良好のようです。

Logicool G PRO X SUPERLIGHTを実際に使用した感想

Logicool G PRO X SUPERLIGHT ゲームプレイ

実際に「PRO X SUPERLIGHT」を使用して、ゲームをプレイしてみました。

箱から取り出す時点で感じていましたが、半端じゃなく軽いです。

これまで使っていたSteelSeriesの「Aerox3 Wireless」も68gとかなり軽いワイヤレスマウスなんですが、「7g」違えば操作感は変わるようです。

大きめなソールで滑りが良い事もあり、より軽い操作感でプレイできますが、本当に軽いので使い始めは慣れるまで試運転が必要かと思います。

つかみ持ちに近いスタイルで操作していますが、メイン・サイドボタンとも押し易く、持ちにくさを感じる事はありませんでした。サイドボタンについては、サイズ・位置共に絶妙ですね。

グリップテープについては、本体表面のグリップ力は十分だと思うので、張らずに使用しています。

旧モデルと比べると、ボタン数が減っていたりRGBライトといった機能面も削除されていますが、そういった部分をそぎ落としてでも「軽いワイヤレスマウスを使いたい!」という方の期待には、しっかり応えてくれると思います。

最後に機能面とは関係ありませんが、ホワイトカラーのデバイスってあまり持っていないので、デスクがお洒落になってテンションが上がりました。
他にもホワイトカラーのデバイスが欲しくなってしまいますね^^

ロジクール史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス

「Logicool G PRO X SUPERLIGHT」

検討してみて下さい!

旧モデルはコチラ↓

動画でもレビューしています。

今回の記事は以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

LogicoolG PRO X SUPERLIGHT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

管理人

目次
閉じる