Elgato Wave Mic Arm LP レビュー:人気の薄型デザインマイクアーム!使用時の注意点も解説します。

どうもジジローです^^

今回はElgato Wave Mic Arm LPをレビューしていきます。

マイクアームとしてはなかなか珍しく、モニターの下を通すようにして設置出来ます。

一時期は人気が高すぎて品切れが続いていましたが、ここ最近は在庫・価格ともに安定しているようです。

マイクが低い位置にあるので、視界を遮られず快適な反面、設置環境は考慮すべき部分があります。

本記事では、組み立て方やサイズ感・注意点についてもレビューしていきたいと思います。

目次

Elgato Wave Mic Arm LP スペック

Elgato Wave Mic Arm LP ロゴ

特徴

Wave Mic Arm LPは配信デバイスを数多く手掛ける、Elgato(エルガト)が販売しているマイクアームです。

・視界を遮らない薄型デザインアーム
・自在な角度調節機能
・高品質なメタル製
・マグネット式ケーブルカバー

モニターの下を通す様に設置出来るので、モニターとマイクが被りにくく、視界を遮らない様になっています。

顔出し配信している方はワイプの見栄えアップが狙えますね。

一般的なマイクアームは骨組みの様な外観が多いイメージですが、Wave Mic Arm LPはツヤ消し加工されたメタル製で、外観もスタイリッシュな仕上がりになっています。

モニターの上や横を通す方が良い!という方向けには、「LP」のついていないWave Mic Armというモデルも用意されています。

スペック

製品名Wave Mic Arm LP
ブランドElgato(エルガト)
製品サイズ8.8 × 6 × 14cm
重量1.69㎏
全長(水平時)740 mm
下アームとデスク面の間隔70 mm 
上アームとデスク面の間隔160 mm
水平回転360° (ベースと関節)
垂直回転90°(上向き)/ 60°(下向き)
デスク用クランプ最大開口幅 60 mm
最大耐荷重2㎏
価格※13,980円

※2022年9月25日現在Amazonでの出品価格

Elgato Wave Mic Arm LP 付属品&外観

パッケージ

Elgato Wave Mic Arm LP パッケージ

付属品一覧

Elgato Wave Mic Arm LP 付属品

・WAVE MIC ARM LP 本体
・1/4“ から 3/8“ および 1/4“ から 5/8“ の変換アダプタ×1
・アレンレンチ×1
・クイックスタートガイド ×1

外観

Elgato Wave Mic Arm LP 上下アーム 俯瞰
Elgato Wave Mic Arm LP 外観
Elgato Wave Mic Arm LP 質感

本体の外観はツヤ消し加工が施されたメタル製になっていて、質感が高いです。

また造りも相当しっかりしていて、耐久性も問題なさそうですね。

Elgato Wave Mic Arm LP ベース部
Elgato Wave Mic Arm LP ベース部 ロゴ

机に固定する為のベース部には大きくロゴが印字されてます。

Elgato Wave Mic Arm LP クランプ部 クッション

机に直接触れる接地面はクッションが取り付けてあります。

Elgato Wave Mic Arm LP クランプ幅

クランプ出来る机の幅は最大60㎜まで。

Elgato Wave Mic Arm LP マイク取り付け部
Elgato Wave Mic Arm LP 上下アーム間可動部

各関節部は角度調整したのち、ネジを回して固定出来る様になっています。

可動部の確認はのちほど。

Elgato Wave Mic Arm LP ケーブル収納 イメージ

アーム内部にケーブル収納スペースがあり、ゴチャゴチャしがちな配線・見栄えをスッキリさせる事が出来ます。

Elgato Wave Mic Arm LP ケーブル収納 カバー取り外し
Elgato Wave Mic Arm LP ケーブル収納スペース マグネット部

カバーはマグネット式になっているので、脱着も簡単ですね。

Elgato Wave Mic Arm LP 付属ツール・変換ネジ

マイクを取り付ける際にネジが合わない場合は、付属の変換アダプターを使いましょう。

Elgato Wave Mic Arm LP 組み立て方

組み立て方

STEP
ベース部を机に設置する
Elgato Wave Mic Arm LP ベース部取り付け1
Elgato Wave Mic Arm LP ベース部取り付け2

机を壁にぴったりつけて設置していて、ハンドルが回せない方は下記を参照に。
※ハンドル部が見やすいように、上下逆さまに取り付けてあります※

Elgato Wave Mic Arm LP ハンドル方向変換 1
Elgato Wave Mic Arm LP ハンドル方向変換 2
Elgato Wave Mic Arm LP ハンドル方向変換 3
Elgato Wave Mic Arm LP ハンドル方向変換 4

※もう一度言いますが、見やすいように上下逆さまに取り付けてあります※

STEP
アームをベース部に載せる
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム取り付け 1
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム取り付け 2
STEP
完成!
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム取り付け 3

組み立ては工具不要で、所要時間5分といったところですね。

サイズ感

気になってた部分を測ってみます。

Elgato Wave Mic Arm LP ベース部 高さ

ベース部の高さ105㎜。

Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 机との隙

下アームと机の隙間70㎜。

Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 机端から下アーム先端

机の端から下アームの先端まで355㎜。

可動域

次は可動域を見ていきます。

Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 回転 1
Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 回転 2
Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 回転 3
Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 回転 4

下アームは360°回転します。

Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム 回転 1
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム 回転 2
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム 回転 3
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム 回転 4

同じく上アームも360°回転可。
※ケーブル付けたまま回すと、ケーブルねじれて駄目になるので辞めましょう。

上下アームの動きはものすごく軽くて、指1本で押すだけで動かせます

Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム 角度変更 1
Elgato Wave Mic Arm LP 上アーム 角度変更 2

上アームは下方向は60°、上方向へは100°位(公式サイトでは90°表記)まで角度変更可能です。

Elgato Wave Mic Arm LP マイク取付部 回転 1
Elgato Wave Mic Arm LP マイク取付部 回転 2
Elgato Wave Mic Arm LP マイク取付部 回転 3
Elgato Wave Mic Arm LP マイク取付部 回転 4
Elgato Wave Mic Arm LP マイク取付部 上下 1
Elgato Wave Mic Arm LP マイク取付部 上下 2

マイク取付部は根元が360°回転可能で、先端は溝に沿って180°以上動かせるので、好きな角度に固定出来ますね。

実際に使う位置に設置して、マイクを載せてみるとこんな感じ。

Elgato Wave Mic Arm LP マイク装着
Elgato Wave Mic Arm LP 設置イメージ

なかなかイイですね。

SHURE MV7だとネジのサイズが合わなかったので、アダプタを取り付けました。

Elgato Wave Mic Arm LP 変換アダプタ 取り付け 1
Elgato Wave Mic Arm LP 変換アダプタ 取り付け 2

Elgato Wave Mic Arm LP 使ってみた感想

モニターにかぶりにくい

まずは以前愛用していた、コスパ最強マイクアーム・クラシックプロ使用時の視点。
※主観視点で見た風に撮ってます。

Elgato Wave Mic Arm LP 主観視点 未使用時

Elgato Wave Mic Arm LPにすると・・・

Elgato Wave Mic Arm LP 主観視点 使用時

目線より下にマイクを設置出来るので、視界スッキリです。

というか普通に設置するとマイクが全く写らなかったので、わざと上にあげて写真に写るようセッティングしてます。

期待以上に視界から消えてくれますね。

ベース部の安定性が高い

Elgato Wave Mic Arm LP ベース部 サイズ比較
ベースの幅がクラシックプロの倍以上

愛用していたクラシックプロのベース部と比較すると、机との接地面の幅が倍以上あります。

使わない時は収納位置、使用時は口元と動かす頻度が高く、アームを動かす負荷はベース部に掛かります。

特に机との接地面。

クラシックプロ マイクアーム ベース部損傷

2年ほど使っていたクラシックプロの接地面は、クッションがズレて剥がれそうですね。

アーム操作時の負荷軽減の為にも、この面積の広いベース部はgoodです。

飛び出る部分が少ない

Elgato Wave Mic Arm LP 壁との干渉回避
上がWave Mic Arm LPのベース部

机から飛び出る部分がめちゃくちゃ少ないです。

実測で約4㎜くらい。

机と壁の隙間は限りなくゼロにしたいので、これは嬉しい。

使用時の注意点

小物の高さ

Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 干渉イメージ 1

机と下アームの隙間が70㎜なので、これより高いデバイスや小物はアームを回転させる際に干渉します。

飲み物とかは気をつけましょう。

ElgatoのStreamDeck MK.2はスタンドを装着した状態だと当たりますね。

Elgato Wave Mic Arm LP 下アーム 干渉イメージ 2

ちなみにベース部に近い所は70㎜ですが、下アーム先端はマイクの重さで5㎜くらい余計に下がります。

モニターの高さ

Elgato Wave Mic Arm LP モニター下 必要高さ

モニター下に収納する場合は、モニター下端の高さが最低でも155㎜必要です。

ケーブルの事も考えると160~165㎜くらいあると、安心できます。

モニターの純正スタンドだと高さが足りない場合は、モニターアームを導入すると幸せになれます。

Amazonベーシック モニターアーム(シングル)

Amazonベーシック モニターアーム(デュアル)

長すぎるなら分割で

Elgato Wave Mic Arm LP 最大長さ

上下アームだとどっちに関節曲げるかとか、長いなーとか感じる方は分割して使いましょう。

Elgato Wave Mic Arm LP 上下アーム 分解可能

ジョイント部分は上下アームとも同じ造りなので、上アームだけで使用出来ます。

Elgato Wave Mic Arm LP 上アームのみ運用可能
上アームのみで使用可能

Elgato Wave Mic Arm LP まとめ

Elgato Wave Mic Arm LP マイク装着
良い所

・見た目が良い!
・モニターにかぶりにくい
・ベース部の安定性が高い
・机から飛び出す部分が少ない
・上アームのみで使用可能

気になる所

・アーム可動域に飲み物とか置けない
・モニター高さによってはモニター下に収納出来ない

モニターの高さ飲み物の置き場所など注意点はありますが、マイクがモニターにかぶらないので、よりゲームに集中出来ます

アーム自体の見た目も良いので、デスク周りのデバイスこだわってる方は是非使ってみて下さい。

今回の記事は以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

管理人

目次