SHURE MV7 レビュー:オーディオインターフェース不要で高音質配信可能なダイナミックマイク!

SHURE MV7

どうもジジローです^^

今回はSHUREのダイナミックマイク MV7をレビューしていきます。

SHUREの人気配信マイクであるSM7Bにインスパイアされたダイナミックマイクです。

SHURE MV7

本記事ではマイク音質や、ソフトウェアの使い勝手などについてレビューしていきます。

SM7B

ゲーム配信者やストリーマー、ビートボクサー御用達のド定番マイク。

マイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」で使用された事でも有名。

XLR接続の為、使用には別途オーディオインターフェースが必要

価格は約5万円。

目次

SHURE MV7について

SHURE MV7 パッケージ ロゴ

MV7は2020年11月にSHUREから発売されたダイナミックマイクです。

特徴

・USB/XLR 2つの接続に対応
・Windows/Mac 両対応
・オーディオインターフェースなしで使用可能
・ショックマウント/ポップガード内蔵
・専用アプリによるサウンドカスタマイズ

出力端子がUSB/XLRと2つ用意されていて、オーディオインターフェースなしでも使用可能です。

USB接続した場合は、専用アプリ「ShurePlus™ MOTIV」音量を自動調節したり、EQやコンプレッサーなどの機能をマニュアルで調整するといった事が出来る様になっています。

ショックマウントとポップガードが内蔵されている為、マイクスタンドもしくはアームを用意するだけで使用出来、出費も抑えられて一石二鳥ですね。

オーディオインターフェースを使用したい方は、XLR接続で運用しましょう。

マイクの種類

主なマイクの種類としてダイナミックマイクコンデンサーマイクがある。

ダイナミックマイク
→電源不要、湿度に強い、感度が低く環境音やノイズを拾いにくい

コンデンサーマイク
→電源が必要、振動や湿度に弱い、感度が高く高音質な録音が可能

一番大きな違いはコンデンサーマイクには電源供給が必要な事。

スペック

製品名MV7
トランデューサータイプダイナミック型(ムービングコイル方式)
指向特性単一指向性(カーディオイド)
周波数特性50Hz~16KHz
出力インピーダンス314Ω
調整可能なゲイン幅0~+36db
感度・XLR使用時:-55 dBV/Pa@1KHz
・USB使用時:-47 dBFS/Pa@1KH
最大音圧レベル132dB SPL
出力端子・3.5mm(ヘッドホン)
・XLR
・Micro-B USB
ミュート機能
リミッター機能
コンプレッサー機能
本体重量0.55㎏
価格※30,101円

※2022年6月15日現在のAmazonでの出品価格

システム要件

Mac・MacOS 10.13~10.15
・64ビット
・最小2GBのRAM
・最小500MBのハードディスク容量
Windows・Windows10
・64ビット
・最小2GBのRAM
・最小500MBのハードディスク容量
iOS・iOS:iOS 14 以降
・iPhone:iPhone6s 以降
・iPod Touch:第7世代
※注:iPad Pro(USB-C)はサポートされていません。
Android以下の機能を備えたすべてのAndroidデバイスで動作
・Android Pie9.0 以降
・USBホスト機器の電力要件 ≧100mA
・USB Audio Class 1.1 以降

SHURE MV7

SHURE MV7 付属品&外観

パッケージ

SHURE MV7 パッケージ
SHURE MV7 内箱

付属品一覧

SHURE MV7 付属品

・SHURE MV7 本体
・MicroB-USB-Cケーブル
・MicroB-USB-Aケーブル
・5/8-3/8 変換ネジ
・クイックスタートガイド/保証書類

外観

MV7 本体

SHURE MV7 本体 外観
SHURE MV7 本体 外観2
SHURE MV7 本体 外観3
SHURE MV7 本体 質感

本体カラーはブラックで統一されていて、質感が高いです。

SHUREのロゴは結構大きめですね。

SHURE MV7 ポップガード 取り外し時

ショックマウントとポップガードが内蔵されていて、ポップガードは脱着可能です。

ダイナミックマイクはコンデンサーマイクと比べて湿気に割と強いですが、ノイズ対策の為にもポップガードは付けておいた方が良いと思います。

SHURE MV7 マイクマウント部

5/8インチ27ねじのマウントが付属しています。

タッチパネルインターフェース

SHURE MV7 タッチパネルインターフェース
SHURE MV7 タッチパネルインターフェース マイクミュートボタン
SHURE MV7 タッチパネルインターフェース 音量調整切替ボタン

マイク正面にはタッチ操作可能な調節ボタンが配置されています。

使用出来るのはUSB接続時のみで、マイクの音量調節やミュート、PCとモニター音量のMIX調節などが可能です。

接続端子

SHURE MV7 接続端子

接続端子はXLR端子・モニター用ヘッドホン端子・USB MicroB端子の3つ。

Type-Cが良かった!という声が聞こえる気がしますが、個人的には一度接続すれば頻繁に外したりしないので、問題なし。

USBケーブル

SHURE MV7 USBケーブル

USBケーブルはMicroB-USB-CケーブルとMicroB-USB-Aケーブルの2種類付属しています。

ケーブル長は3m。

USB-C端子しかないノートPCでも使用出来ますね。

電源ON

SHURE MV7 電源ON

USBケーブルで接続すると、タッチパネルインターフェースがライトアップされます。

SHURE MV7 専用ソフトウェア

専用アプリ「ShurePlus™ MOTIV」を用いて、音質のカスタマイズや音量の自動調節機能を使用出来ます。

まずは公式サイトからアプリをダウンロードしましょう。

STEP
「ダウンロード」をクリック
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV ダウンロード ページ
STEP
必要事項を入力
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV ダウンロード ページ 入力フォーム

氏名・メールアドレスなどを入力します。

STEP
使用中のPCに合わせてリンクをクリック
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV ダウンロード ページ OS選択

初回起動時は英語表記になっています。

理解できない事はないですが、分かり難ければ日本語に設定しましょう。

STEP
右上の点3つをクリック
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV 日本語 設定方法 1
STEP
「Preferences」をクリック
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV 日本語 設定方法 2
STEP
「English」をクリック
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV 日本語 設定方法 3
STEP
「Japanese」を選択し「OK」をクリック
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV 日本語 設定方法 4
スクロールすると「Japanese」が出てきます。
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV 日本語 設定方法 5
「OK」をクリック

アプリが再起動し日本語表記に変わります。

ShurePlus™ MOTIV

「自動レベル」と「マニュアル」の2つから選択し、カスタマイズする事が可能です。

自動レベルタブ

SHURE MV7 ShurePlus MOTIV 自動レベルタブ
設定項目

・プリセット
・マイクミュート
・モニターミックス
・マイクの位置
・トーン

マニュアルタブ

SHURE MV7 ShurePlus MOTIV マニュアルタブ
設定項目

・プリセット
・マイクミュート
・マイクゲイン
・モニターミックス
・EQ
・リミッター
・コンプレッサー


自動レベル/マニュアルともに好みの設定が決まったら、プリセットに名前を付けて保存しておけるので、次回から簡単に設定を呼び出す事が出来て便利ですね。

SHURE MV7 ShurePlus MOTIV プリセット 保存 1
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV プリセット 保存 2
SHURE MV7 ShurePlus MOTIV プリセット 保存 3

SHURE MV7 実際に使ってみる

MV7が初のダイナミックマイクなので、種類が違いますが以下2つのコンデンサーマイクと音質比較してみました。

HyperX SoloCast
・USB接続タイプのコンデンサーマイク
・PS5用として購入
・低価格で人気が高い

Audio-Technica AT2020
・言わずと知れた入門用コンデンサーマイクのド定番
・XLR接続
・ゲーム配信用として購入

※オーディオインターフェースはYAMAHA AG03を使用しています。

聞き取りやすい音質

SHURE MV7 使用イメージ

USB接続したMV7を使って収録した音声を聞いてみると、喋っている声が聞き取りやすくノイズも少なく感じます

コンデンサーマイクと比べると、音の輪郭が少しモコモコしたように聞こえますが、タイピング音など環境音を拾いにくくなっている為、チャットや配信にも向いていると思います。

個人的にはダイナミックマイクの方が、若干温かみのある音に聞こえますね。

オーディオインターフェースでさらに高音質

SHURE MV7 オーディオインターフェース 併用

オーディオインターフェースを併用すると、音の明瞭さがアップしてより高音質に収録する事が出来ます。

配信や動画作成で音質にこだわりたい方は、試してみて下さい。

アプリが直感的で使い易い

SHURE MV7 ソフトウェア 使い勝手

「ShurePlus™ MOTIV」では複雑な設定はなく、直感的で扱いやすいです。

マイクの位置やトーンを選択すると、自動で調節してくれるので楽チンですね。

EQやリミッターといった便利な機能も、ポチポチッとクリックするだけで設定出来るので、「複雑な調整とか面倒だなぁ」という方にも簡単に扱えます。


SHURE MV7 まとめ

SHURE MV7 電源ON
良い所

・配信で使える高音質
・アプリが使いやすい
・ほかに必要なのはマイクアームだけ

気になる所

・価格が高い

価格が約3万円と高めの設定ですが、十分期待に応えてくれる高音質になっています。

オーディオインターフェースやショックマウントなどを揃え始めると1~2万円は軽く飛ぶので、人によってはMV7を購入する方が安上がりな場合もありそうですね。

環境音やノイズを押さえて、クリアな音声で配信したい方にはオススメです。

面倒な設定は専用アプリに任せて、高音質配信を楽しみましょう

今回の記事は以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

SHURE MV7

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

管理人

目次
閉じる